「YAKEI JAPAN ~穴場夜景と感動夜景を贈りたい~」のプロフィール

スポンサードリンク


ハンドルネーム和夜景写真家 木村 優光

ホームページYAKEI JAPAN ~穴場夜景と感動夜景を贈りたい~

ブログ 

SNShttp://sns.yakei-photo.jp/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=24

都道府県神奈川県

自己紹介2002年:夜景スポット情報サイト開設
この間、さまざまな雑誌、新聞、TV等で夜景写真を紹介される。

2011年:東日本大震災により夜景活動自粛(当時:関東関西で約500スポットを発掘)

2012年:東日本大震災の影響を受けた夜景スポットの変化などを考えているうちに、情報サイトを運営する身分なら、スポットへ足を運んでなんぼの世界。スポットというのは刻一刻変化しているので、その変化を捉えられないならスポット情報サイトを運営する資格がない!と考え、サイト趣旨を「夜景スポット情報サイト」→「夜景・風景写真サイト」へ変更。

2014年:桜が咲く頃から夜景撮影活動を再開。「夜景スポットの訪問」ではなく、身近なものを「夜景写真」として、他人様が考え付かない1枚を切り取ることに専念。したがって夜景スポットへ足を運ぶことはほとんどしない。

基本、一匹狼、我流。写真コンテストが嫌い。夜景も好きだが、『和、日本史』への執着心は異常なほど。戦国武将が伊吹山から見た、敵将の灯火のような夜景を見ることを夢見て。

撮影機材1. CANON EOS 5D MarkⅡ
2. CANON EOS 40D
3. CANON PowerShot S90
<レンズ>
CANON EF17-40 F4L USM
CANON EF50 F1.8 Ⅱ
TAMRON AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO
<フィルター>
MARUMI DHG Star Cross 58mm
Kenko PRO ND8(W) 58mm
Kenko PRO ND400 67mm
Kenko MC TWILIGHT BLUE 58mm
<三脚>
SLIK PRO 700 DX Ⅲ
SLIK コンパクト Ⅱ
Velbon Sherpa 350B
<その他>
高層ビル型展望フロアーで威力を発揮する自家製の暗幕
その他小物

夜景撮影のアドバイス夜景撮影を狙うにあたって雨上がりの空気の澄んだ夕方から人様が寝るまでの時間帯がベターです。
できれば冬場の撮影をお薦めします。
あとは露光時間が調整できるカメラもしくは夜景モードがあるデジカメで三脚を用いて撮影すれば、誰でも気軽にそこそこの夜景写真を撮影することができます。
本格的に撮影されるのであれば一眼レフカメラをお薦めします。

好きな夜景スポット1.兵庫 摩耶山掬星台
大学入って車の免許を取って初めてレンタカーで男女8人で訪問した地。
当時、掬星台まで車で入って行ってはいけないことを知らず、進入してしまった。(苦笑)
でも、でも、、、掬星台の先にはこの世のものではないような風景が広がっていた。
男女8人、感動のあまりその場に直立不動。
これが夜景、まさしく夜景なんだと痛感させられた。
その後、ちょくちょくこの地を訪問しては感動指数が上がっていき、夜景に対する気持ちも強くなってきた頃。

2.大阪 飯盛山
20歳頃に自力で見つけた究極穴場スポット。
当時はいつ行っても誰も居なかったので、いろいろなことを考え込むときにはあの秘境を車を走らせて訪問した思い出深い場所。
今となって言える事だが、展望台より南側にあるNHKの電波等前の広場で、男女4人で花火をしたなぁ。(※ゴミは持ち帰りました)
もちろんビュー観点でも究極パノラマ絶景に変わりはない。

3.大阪 石切周辺
結婚まで考えた彼女と一緒に暮らそうと思った地。
知っている方は知っていると思うが、近鉄奈良線が瓢箪山駅を越えると、急勾配で生駒山の麓へと登っていく。
枚岡駅を過ぎた辺り、車窓からは大阪平野を一望でき、これが石切駅手前まで断続的に続く。
これを見た当時の彼女は、「こんな夜景の見える場所に住みたい・・・。」と。
周辺は閑静な住宅街。綺麗なマンションもいくつかある。
額田駅前に空のあるマンションを見つけたが・・・。
今は横浜在住だが、当時記録した石切からの下手な夜景写真を見直すとさらに沢山の思いが蘇ってくる。
だから私はこれからも、これからも、ずっと写真を撮り続けることを決意した。

夜景撮影を始めたきっかけ私が夜景撮影を始めたのは高校時代でした。
たまたま一眼レフカメラと三脚を持っていた時に地元の夜景(車等の流れるライト等)を撮影したのがきっかけでした。
最初は知識も全くなかったので綺麗に撮影できませんでした。
それから約10年間のブランク(夜景を見るのは好きだったが撮影はしなかった)を経て当時付き合っていた彼女のある言動がきっかけとなり再び夜景撮影に挑戦して現在に至ります。
現在も夜景撮影の腕は未熟ですが徐々に磨いていこうと思います。

壁紙以外の利用について[ 可 ]
夜景壁紙につきましては、ご連絡を頂ければウェブ上においての二次加工等を含むご使用を許可しております。企業様のご使用、雑誌等で使用される場合はご一報ください。

[ プロフィール ]
ハンドルネーム:
和夜景写真家 木村 優光
ホームページ:
YAKEI JAPAN ~穴場夜景と感動夜景を贈りたい~
SNS:夜景SNS
壁紙総アクセス数:
305,507 PV ( 7 / 389位 )
自己紹介:
2002年:夜景スポット情報サイト開設
この間、さまざまな雑誌、新聞、TV等で夜景写真を紹介される。

2011年:東日本大震災により夜景活動自粛(当時:関東関西で約500スポットを発掘)

2012年:東日本大震災の影響を受けた夜景スポットの変化などを考えているうちに、情報サイトを運営する身分なら、スポットへ足を運んでなんぼの世界。スポットというのは刻一刻変化しているので、その変化を捉えられないならスポット情報サイトを運営する資格がない!と考え、サイト趣旨を「夜景スポット情報サイト」→「夜景・風景写真サイト」へ変更。

2014年:桜が咲く頃から夜景撮影活動を再開。「夜景スポットの訪問」ではなく、身近なものを「夜景写真」として、他人様が考え付かない1枚を切り取ることに専念。したがって夜景スポットへ足を運ぶことはほとんどしない。

基本、一匹狼、我流。写真コンテストが嫌い。夜景も好きだが、『和、日本史』への執着心は異常なほど。戦国武将が伊吹山から見た、敵将の灯火のような夜景を見ることを夢見て。
詳しいプロフィール・・・


[ 新着レビュー(計10件) ]
サンシャイン~隙間から、写する~ (さて、旅をしようか)★★★★★
臨港パーク~延光~ (s.yuko)★★★★★
GIORGIO ARMANI (うみねこ)★★★★★
どこから撮ったか? (BanBan)★★★★★
新倉浅間神社~薄紅空の下には~ (うみねこ)★★★★★
静かな横浜 (海月)★★★★★
蜃気楼的視線美 (海月)★★★★★
明日なき展望室より愛をこめて。 (リッピの夜景サロン)★★★★★
富津~蛙の鳴声だけ~ (海月)★★★★★
卯月、人形町の夜 (Karen Chen)★★★★★

[ ジャンルで絞り込む ]
ライトアップ(90)
イルミネーション(12)
観覧車(7)
クリスマス(209)
イベント・期間限定(28)
山・パノラマ(59)
公園・郊外(31)
工場・埠頭(67)
海岸・湾岸(74)
湖・河川・水辺(28)
都会・都市(99)
ビル・建造物(8)
道路・橋梁(34)
寺院・仏閣・歴史(21)
空港・飛行機(3)
鉄道・電車(20)
自動車・ドライブ(3)
自然(1)
花火(8)
夜桜(59)
天体・星空(8)
モノクロ・セピア(1)
夕景・夕焼け(41)
トワイライト・日没後(34)
夜明け(12)
全てのジャンルを表示

[ 都道府県で絞り込む ]
北海道
北海道(4)
 

東北
青森県(0)
岩手県(0)
宮城県(0)
秋田県(0)
山形県(0)
福島県(0)

関東
茨城県(3)
栃木県(0)
群馬県(0)
埼玉県(5)
千葉県(28)
東京都(465)
神奈川県(322)
 

甲信越
新潟県(1)
山梨県(30)
長野県(6)
 

北陸
富山県(0)
石川県(0)
福井県(0)
 

東海
岐阜県(0)
静岡県(21)
愛知県(0)
三重県(0)

関西
滋賀県(0)
京都府(20)
大阪府(31)
兵庫県(16)
奈良県(0)
和歌山県(2)

中国
鳥取県(0)
島根県(3)
岡山県(0)
広島県(0)
山口県(0)
 

四国
徳島県(0)
香川県(0)
愛媛県(0)
高知県(0)

九州
福岡県(0)
佐賀県(0)
長崎県(0)
熊本県(0)
大分県(0)
宮崎県(0)
鹿児島県(0)
沖縄県(0)

全ての都道府県の壁紙